山と写真と私

2018年4月22日
武尊山

よく「めぼしい景色がない」みたいなことを言われる埼玉県ですが、なんだかんだ言って甲信越の山並みをグルッと眺めることができたりもするわけです。それらは日常の中で感じることのできる山ですし、その前に重なる街や送電線や鉄塔というのも別の角度から見てみれば実に埼玉らしい風景とも言えます。

武甲山と送電線

そう考えると埼玉人の心の山、武甲山の前にかかる送電線も画面の構成要素として考えてみようか、とか…

岳山と鉄塔

大岳山に重なる鉄塔もフレームとして扱ってみることができるじゃないかなんてアイデアも生まれてきます。先入観にとらわれず柔軟にやっていきたいですね。こちらからは以上です。