ゼンザブロニカ(たぶんS2)のスクリーン周辺のモルトを貼り替える

2020年11月25日

なぜかブロニカが転がり込んできたので

伯父の仕事を手伝っているときにカメラの話をしていたら、お前の親父が置いてったブロニカあるぞというので借りてきたというかなんというか、とにかく手元にゼンザブロニカがあることになりました。

ひとまず清掃をしながら各部に痛みがないかを確認してみる。ホコリを拭き取ってみたところ、特にひどいカビやクモリもないしすぐに使えそうだと感じた矢先、ファインダーフードを起ち上げるたびに黒いゴミが出てくることに気がついた。

パッと見でモルトらしき物はないしどこから出てくるんだろう?と調べてみるとスクリーンを押さえるためにモルトが貼ってあったらしい。スクリーンの磨りガラス面を基準面に押しつけておければいいようなので手元にあった1.5mm厚のモルトプレーンに貼り替えることにした。以下、貼り替え時の覚え書きです。

貼り替えに使ったのはこちらのモルトプレーン。ノリ付きでカットするだけでいいので何かとお世話になってます。

created by Rinker
ジャパンホビーツール
¥737 (2022/07/07 01:25:03時点 Amazon調べ-詳細)

剥がして貼るの簡単なおしごと

さて、原因はなんとなく分かったし修理(というほどでもないけど)に必要な道具も手元に揃っていたのでやっていきます。

前部の2ヶ所のネジを外す(マイナスで欠けやすい)

劣化しているモルトはファインダースクリーンを押さえているプレートの裏側。まずはフードを外すと(スクリーンの前辺にあるボタンを押して持ち上げるだけ)スクリーンを押さえるプレートが出てきます。そのプレートの前側のネジ2本を精密ドライバーで外します。(写真の赤丸)

スクリーンを押さえていたモルトがボロボロ

プレートを外すとご覧の通りモルトがボロボロ。ひとまずハンディ掃除機で粉状になっている破片を除去してからスクリーンを外します。

戻す時のためにスクリーンとフレネルレンズの順序と表裏を覚えておく

スクリーンを外すとその下にはフレネルレンズ。スクリーンとフレネルレンズには表裏と順序があるので忘れずにメモしておきます。

ジップバッグを使うとエタノールの使用量を少なく抑えられる

スクリーンとプレートに残ったモルトは無水エタノールを入れたジップバッグに入れて浸します。数分で剥がれやすくなるので綿棒やシルボン紙で拭き取り。ボディ側に残っていたモルトは同じく無水エタノールを染みこませた綿棒で湿らせてからマイナスドライバーなどで綺麗に剥がす。

劣化モルトが剥がせればあとは新品のモルトをプレートに合わせてカットして貼替えれば完了。

はい、綺麗になりました!