一足お先に、春たのしみました

2019年3月17日

来週あたりには関東のソメイヨシノも花開く雰囲気ですが、一足お先に春を楽しんできました。

雨がぱらついたり晴れ間が差し込んでくる午後、家族の検査で訪れていた総合病院からの帰り、家族といられる時間をもっと大切にしたいなという気持ちになりまして、気晴らしに少し寄り道してみることにしました。とってつけたような話でアレですけど。

向かった先は坂戸市の北浅羽桜堤公園。1200mにわたって安行寒桜が200本ほど植えられているそうです。群馬県あたりもそうなんですが、のどかな関東平野の空が広くてときどき盛り上がった塚があったりする風景ってけっこう好きです。唐突に現れる鎮守の森と小さなお社とかも。

不安定な空模様の夕暮れ時でめまぐるしく変わる景色をのんびり散歩。

しばらくすると雲が晴れ西日が差してきました。

家族の写真を撮ると決めたときはだいたいNOKTONの58mmかNikkorの35mm(f/2D)、妻も子どももこのレンズだと笑ってくれる気がします。

桜のシーズンはこれからですが、家族で山を登ることを優先したいので、一足はやいけど今年のお花見はこれで満足……かな。