Horizon Zero DawnでIn-game Photographyにハマってる

2022年1月20日

見事に次回作の踏み台になっていた

2021年の暮れにPCを新調したり、SteamでセールになっていたりしたこともあってオープンワールドRPGのヒット作「Horizon Zero Dawn」をプレイしています。

最近のゲームにはPhotoモードといってただのスクリーンショットからグッと踏み込んで、現実にフォトグラファーがカメラを構えるように様々なシーンを撮影できる機能が盛り込まれていることがあります。海外ではすでにそれ自体がビジネスになりつつあり、日本でも横田裕市さんがその市場を切り拓こうとしているところ。

そんな様子をTLでチラチラと眺めつつ僕自身もHorizonでバインゲームフォトを撮影して楽しんでいたところ、すごいタイミングでインゲームフォトを絡めたキャンペーンのお知らせが流れてきてお茶噴きました。

2月18日(金)の『Horizon Forbidden West』発売に向け、「#行くぜHorizon」キャンペーンがスタート! プロ写真家によるインゲームフォ…
blog.ja.playstation.com

謀ったようなタイミングで、おまけにインゲームフォトの企画には横田さんが絡んでるしで、これは内心ニヤニヤしながらこっちみてただろう……なんて思っていたら

案の定でした。くそう……

これは紛れもなく撮影だ

素直に楽しめていたのでキレイにキャンペーンにハメられていたのはさておき、インゲームフォトが本当に奥が深くて面白い!レンズ効果の再現や可動域に「もうちょっと頑張って……」と感じることもあるものの、ゲームプレイ自体に加えて、「このシチュエーションならこんな撮影ができるな」とか「この場所を別の画角でみるとこんなにダイナミックな世界が広がっていたのか」と楽しみの奥行が大きく拡がったように感じます。

シンプルに現実の世界では撮影できないシーンを撮ることも楽しいし、よりハイクオリティな撮影をしようと思えばレンズ沼ならぬグラボ沼が待ってるあたりも含めて、これは紛れもない撮影体験だと思います。

つーことで、以下撮影したインゲームフォトたち!

In-game Photography [ Horizon Zero Dawn ]

プレイ開始直後。まだ世界の広さにいちいちワクワクしている。
カメラをロールできることに気がついたり
ドローンのようなアングルも撮れることに気がついたり

キャンペーンは2月2日までやっているようなので、まだまだ撮影にダイブしてきます。書き忘れるところでしたが、Horizonの世界にはモルゲンロートにアーベントロートもちゃんとあるし、痛い寒さもちゃんとあって山成分不足を補ってくれるのもいいんですよ。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥982 (2022/05/26 21:32:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥4,810 (2022/05/26 21:38:48時点 Amazon調べ-詳細)