残暑見舞い的スナップ

2019年9月10日

日に日に秋の足音が近づいてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。はてなブログのお題として夏を振り返るなんてテーマが出ていましたので、夏がじとっと後ろ髪を引くようなスナップを貼りつつ振り返ってみましょうか。

今週のお題「夏を振り返る」

振り返るなんて言いつつもこの夏は出張に出ずっぱりでろくにプライベートな遊びはできなかったものの、夏らしい被写体としてセミだったりサルスベリの花だったり、これまで目を向けていなかったけれど、すぐそこにあって我々と同じように夏を過ごしているものたちに目を向けるようになりました。

2時間夢中になった生命のドラマ、ニイニイゼミの羽化を観察した話

夏の風物詩のひとつ蝉の抜け殻。アブラゼミの抜け殻はキラキラして透き通っていて神秘…
spaceflier.com

フェンスの隙間からひょっこりのぞいたアジサイの葉。梅雨を通して夏の訪れを告げるとも言えるアジサイですが、もうちょっと暑い季節を楽しんでいかない?と誘われているような気がしたワンシーン。

ジリジリと焼けるアスファルトの上に突き出した排水パイプ。その中にみずみずしく萌える苔。あぁ、そういえばずいぶん山に登ってないななんて山の水場が重なって見える。

水あそびというか川について楽しめる施設には行きましたっけ。

夕焼け小焼けの神社の境内。

見上げてみるとほのかに色付いた空と一本の木。ここがねぐらなのかムクドリが先端の枝に次々に集まってきていました。この夏に子どもと一緒にハマったことと言えばPokemon Go。この神社にもレイドで来たんでしたっけ。

で、その帰り。信号の先にまっすぐ延びた道を照らす夕日に思わず車を停めて。

一面の田んぼに建ち並ぶ鉄塔。ふだんは目障りに感じてしまう鉄塔と電線もこうやって眺めてみれば関東平野の夏のひとこまなのかも知れませんね。

さて、夏をスナップで振り返りつつなんて言いながらあまり振り返れてないのですけど、流し麺会というおいしさの暴力みたいなイベントにお呼ばれしてきたのもこの夏の思い出ですね。会の様子はOKPさんのブログが詳しいです。(酔っ払ってろくな写真がなかった)

ぶち猫さんの流し麺会 2019(そしてタン祭りとニューレンズ) - I AM A DOG

今年もぶち猫さん主催の流し麺会(流し素麺よろしく色々な麺を流しては、豪華なつけ汁…
moognyk.hateblo.jp

関連しそうなエントリー(別ブログ)

色の強い桜の写真はどうまとめる? | Imaging World

派手な桜は悪手なのか? 桜の季節なので桜を題材にして色のことを考えてみたいと思い…
imaging-world.net

彼岸花で理解する色(色相・明度・彩度)の関係性 | Imaging World

彼岸花(曼珠沙華)は標準露出で撮るとうまくいきにくい? 秋の到来を告げる彼岸花。…
imaging-world.net